「問題はその後の事なのです

「問題はその後の事なのです。まず私はお金という物を今全く持っておりません。しかも、ゲッソリナから外へは一歩も出た事がないので、どうやってタゴロロームへ行こうかと。」

「お金持ってないのお。」「お金持ってないのお。」「この城で暮らす上は必要が有りませんしね。下の者に命じて用意させる事はできますが、今の状況だと直ぐに疑われてしまいますわ。」植髮香港「金なら大丈夫だよお。ラシャレー宰相から金貨九枚もらったし。」「ラシャレーから・・・・・・金貨九枚ですの?」「そうなんだよお。何故か九枚なんだよお。」「私に遠慮したのでしょうか?・・・・・・まさかね。しかし、私に『金貨十枚も』と散々嫌味を言って置きながら、自分もそんな真似をするとは狡い男ですわ。」「いや、きっとオイラの届けた書面が重要な物だったんだよお。」「あら、私とした事が。・・・・・・きっとラシャレーもロキさんの人柄が気に入ったのでしょう。」エレナはそう言うと再びロキの耳元に顔を寄せ、「では、ロキさんにタゴロロームへの道案内を頼めますか?」と囁いた。「止めても無駄だよねえ。ハンベエの性格から考えて、もう向こうじゃあ、きっと血で血を洗うような話になってるんじゃないかと思うんだけどお、オイラ、一も二もなく王女様の味方だから、引き受けるよお。」ロキが仕方ないやという具合に肩を竦めて言うと、エレナは少しくすぐったそうな微笑みを浮かべて呟いた。「ありがとう。」この後、エレナとロキは更に声を潜めて密談を続けた。密談が終わってからは、エレナは気分が優れないと言って、部屋に閉じこもり誰も近づかないよう指示した。そして、食事等の時以外は人前に姿を現さない。しかも、人前に姿を現す時は何故かベールで顔を隠しているのである。王女に仕える者は奇妙に思ったが、理由を尋ねるのを憚った。そうして二日が過ぎた。 三日目の朝、いつもエレナの護衛をしている二人の武官が『王女の姿が見えない』と騒ぎ出した。この二人、物語の最初の方、ハンベエとロキが初めて王宮に乗り込んで来た時とハンベエ達がタゴロロームに旅立つ時に登場していたが、名前は出ていなかった。何時までも名無しの権兵衛というのも気の毒であるから、そろそろ紹介しよう。 名はスパルスとザーニックという。がっしりとした体格で、タゴロロームにいる(この時点ではまだいるよ)ドルバスの巨躯には及ばないが、大柄な筋肉モリモリタイプである。この二人は常日頃から、王女エレナの護衛として側についていたのだが、ここ二日はエレナの指示で身辺から離れさせられており、エレナ自身部屋に籠もりっぱなしだった。遂に不審を抱いたスパルスとザーニックが侍女に強要して、エレナの私室を開けさせたのである。王女行方不明の情報が流れると、直ぐにラシャレーが客室に滞在しているロキのところにやって来た。一応のノックをしてラシャレーが入って来ると、ロキは椅子に腰掛けて丸テーブルに手をついていた。まるで、ラシャレーがやって来るのを見通していたかのようだ。「ロキ、ざっくばらんに尋ねる。その方、エレナ姫の失踪に関与しているのではないのか?」ラシャレーは単刀直入に質問した。立ったままである。ロキは椅子から立ち上がると、静かに一礼して言った。「関与してるよお。オイラ、王女様に路銀渡した。王女様はタゴロロームに向かったよお。」「呆れた奴じゃな。姫が今からタゴロロームに行けば、危険にさらされるとは思わんのか。」「危険だと思うよお。だけど、危ないからやめろとばかり言うのもどうかなあ、王女様は赤子じゃないからね。」「口の達者な奴だ。姫は今何処におるのだ。」「さあ、この城を出たのが三日前だから、馬を飛ばせば、タゴロローム近くまで行き着いてるかもだよお。」「三日前だと。しかし、姫は昨日まで・・・・・・。」「あれは替玉だよお。ところで、オイラはどうなるのかな?王女様の失踪がバレた以上王宮に留まってても仕方ないしね。牢屋に入れられるんだろうか?」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *